このサイトでは刺激が抑えられていて子どもに対しても施術を施すことが可能な業務用脱毛機のことや、フォトフェイシャルと脱毛の施術を複合した機種が便利なことなどを解説しています。
他にも中古で脱毛機を購入するメリットや、ワキの下に効果的な機種を選ぶ方法も解説しているのでエステサロンの経営者に役立つ情報が豊富です。
顔にある、ほくろに脱毛機の特殊な光が照射されてしまったときに伴う痛みについても掲載しています。

子どもでも使える低刺激な業務用脱毛機

子どもでも使える低刺激な業務用脱毛機 従来の業務用脱毛機は照射する特殊な光がメラニン色素と反応するときに発生する熱エネルギーが痛みと言う刺激として伝わるため、痛みを感じやすい子どもには脱毛の施術を施すことが出来ませんでした。
そしてメラニン色素をターゲットにしているので休止期にある毛穴に対してはダメージを与えることが出来ず、およそ2ヶ月から3ヶ月ぐらいに1度と言うかなりゆったりとしたペースでしか脱毛の施術を施すことが出来なかったのです。
しかし近頃の業務用脱毛機は刺激が抑えられていて、痛みがほとんど感じられないので小さな子どもにも脱毛の施術を施すことが可能です。
また最新の業務用脱毛機はメラニン色素ではなく、毛の種などをターゲットにしていることが多いので毛周期を気にすることなく脱毛の施術を進めることが出来ます。

子どもでも安心して施術が受けられる業務用脱毛機

子どもでも安心して施術が受けられる業務用脱毛機 近年、脱毛の低年齢化が進んでおり、きれいな脱毛を希望するお子さまが増えています。
毛深さで悩んだり、プールなどで水着になるとき毛が目立つなど、ムダ毛で悩む子は多いのです。
成長過程の子どもの脱毛は時間がかかり、効果もあらわれにくいといわれます。
家庭用の脱毛器では、期待するほどの効果が出ない場合があるのです。
一般的な脱毛サロンなどで使われている業務用脱毛機は大人向けに作られているため、痛みやデリケートなお子さまの肌にダメージを与える心配があります。
しかし、子どもでも安心して施術が受けられる、ジュニアモードが選べる業務用脱毛機を用意しているサロンも増えているのです。
肌にやさしい業務用脱毛機にはSHR式や、次世代の脱毛方式とされるTHR(サーモヒートリムーバー)式などがあります。
THR式の従来の脱毛と異なるポイントは、黒い色素だけに反応するのではなく、肌の内部まで浸透率が高い光を照射する点です。
色がうすい産毛にまで効果が期待できるのです。
高温を必要としないので肌にやさしく、1回の照射コストが安いことも特徴です。
一般的なサロンやクリニックでは、脱毛が受けられる年齢は中学生くらいからとされています。
とはいえ、子どもの成長やムダ毛の状態には個人差があります。
幼児や10歳くらいから、対応している脱毛サロンもあるのです。
事前に施術が受けられるのかカウンセリングを受けて、きちんと確認すれば安心です。

トラブルのない安全安心な業務用脱毛機がおすすめ

脱毛サロンは成長産業であり今や全国にありますが、施術に痛みがあったりやけどなどのトラブルが発生することがあるので安全安心な業務用脱毛機を導入する必要があります。
そこでおすすめしたいのが、幅広い光の波長を用いるため様々な肌のトラブルに対応しフィルターが有害な光線をカットするため皮膚へのダメージがない業務用脱毛機です。また痛くない業務用脱毛機は照射範囲が広く短時間の施術が可能であり、表皮にダメージを与えないので施術後すぐにお化粧することができるのでクレームが発生することがないです。さらに脱毛だけでなく、業務用脱毛機は細かいしわやシミソバカスに赤ら顔やニキビ跡などの様々な肌の悩みへの効果も期待できます。しかし未経験で使い方に不安があるとか機器のよさをお客様に伝えられそうにない、お客様に喜んでもらえる接客ができるかなどの悩みも導入後のサポートがあるので大丈夫です。興味がある方は、資料請求や無料体験なども実施しているので申し込むといいです。

業務用脱毛機には年齢制限があるのかを解説

昨今では業務用脱毛機を使って脱毛を行う方が少なくありません。しかし、誰でもそういった機器を使えるのかというと必ずしもそうではないので、注意をしておく必要があります。業務用脱毛機はレーザーの場合、基本的には中学生以下の方は使用できません。レーザーは照射力が高く、肌への負担が大きいからです。医療従事者が照射する場合ならば例外的に中学生にも使える可能性がありますが、素人が使う上では危険といえるでしょう。光脱毛機であればかなり低年齢でも使うことが出来ます。光による刺激は非常に小さいからです。それでも幼稚園や保育園に通う年齢の子には使わない方が無難です。
脱毛は大人になってから行った方が良いという考え方もありますが、これは必ずしも正解ではありません。子供の頃の方が皮膚の表面積が少なく、脱毛の効果を得やすいからです。また、肌の再生力もとても高いので結果的に痕跡も残りにくいといったメリットも存在しています。

業務用脱毛機の価格が一般家庭向けより高額な理由

業務用脱毛機は、一般家庭用に発売されている製品に比べると価格が高額に設定されています。これは何も意地悪をしているわけではなく、それなりの理由があるからです。
その理由は、業務用脱毛機には特別な機能や優れた性能が備わっているからと言えるでしょう。業務用の機械は利用者からお金を受け取ってサービスを提供する以上、より優れた機能を提供できなくてはなりません。それを実現するためにコストのかかる部品を採用して、結果として価格が値上がりしているというわけです。当然ながら特別な機能を実現するためには、部品も良いものが使われます。点数も多くなることからコストも上昇し、それが価格に反映されているというわけです。
繰り返して使うことになるため、耐久性の点でも考慮して製造コストが上昇しています。一般家庭用の製品では多くても一人や二人しか使用しませんが、お店で使われる業務用脱毛機は1日に数多くの利用客が訪れるため、簡単に壊れることのないようにと品質の良い部品が使われ、高額になっているというわけです。

業務用脱毛機の通販を利用するメリットとは

医療脱毛を受けることで肌をきれいにしたいという方は少なくありませんが、費用が心配な方も多いのではないでしょうか。そういった方にお勧めなのが業務用脱毛機を通販で購入することです。業務用脱毛機の中でも一般向けに販売されている物は素人であっても扱うことが出来ます。クリニックに通い続けるよりは費用を抑えることが可能となります。
通販で買える脱毛機の中でもお勧めなのがルテラのエピです。これは全身とヒゲの脱毛に特化したマシンであり、非常にシンプルな構造になっているという特徴を持ちます。初期費用を大幅にカットすることが出来ます。緊急停止機能が搭載されているので、初心者でも使いやすいと言えるでしょう。製品保証が3年間ついており、安心して使うことが出来ます。ルテラは業務用脱毛機シリーズをリリースしていて、いずれも人気となっています。自分の求める機能を持っているかについて、詳しくチェックしておくことをお勧めします。

ハイスペックで低価格の業務用脱毛機レンタルサービス

全国的に脱毛サロンが流行していますが、その分競争も厳しく成功するためにはハイスペックでコストパフォーマンスに優れたを業務用脱毛機導入することをおすすめします。
現在サロンを経営していたりこれから開業を考えているけど、集客対策してもお客様が集まらないとか価格競争で他店に勝てないなど、悩みがある方に脱毛をメニューに加えるといいです。脱毛は女性だけでなく子供やメンズや介護など様々なニーズがあり、集客するにも売上を上げるにも非常に効果的なメニューなのです。しかしいざ業務用脱毛機を導入しようとしても、電話で問い合わせしても価格を教えてくれないとか施術方法や理論がわからない、メーカーにより価格が違うなど疑問点が出てきます。そこでおすすめしたいのが手軽にリスクなく行うことができる業務用脱毛機のレンタルサービスで、審査不要で格安で脱毛器を導入でき年間契約の縛りもないです。業務用脱毛機は全身脱毛が30分で終了し、痛みもなくうぶ毛からメンズまで対応していて専用ヘッドをつけるとしわにたるみやくすみなどのメニューもこなせます。 またドクターサポートもあり、PL保険にも加入しているので安心です。

業務用脱毛器の情報を集めよう

業務用脱毛器についてもっと知りたい